転ばぬ先の杖

今日もサイコロを、あるいはコインを振ってみましょう。 奇数(1,3,5)が出たら陽、偶数(2,4,6)が出たら陰。 コインの数字の方が出たら陽、絵柄の方が出たら陰。 もう覚えましたか? メモに書き込む時は、必ず下から上に。 では始めましょう。 1回目に2が出たとします。陰ですね。一番下に陰のマークを書きます。 2回目も偶数の6が出たとしましょう。これも陰ですので、さっきの…

続きを読む

サイコロを使ってます

易占いをするときは、本当は筮竹という竹の棒を50本も使用して、何回も陽と陰を出していき、出来上がった一つの卦を読むというものです。 心に念じることをしっかりと持ち続け、かなり長い時間を集中していなければなりません。 私も最初は頑張って、この方法をマスターしましたが、集中力を持続するのは本当に大変。 ですので、今は略噬法を取り入れています。つまり簡単に卦を出す方法を使用しているということ…

続きを読む

八卦から六十四卦へ

易占いは八卦をもとにして、その組み合わせが変わることによって、様々な問いに対しての答えを与えてくれるものです。 八卦が一つで小成卦といい、もう一つ八卦を重ねることによって、大成卦というものを作ります。 これが本来の易占いの形となります。 ものすごく難しく聞こえますね。 つまり、サイコロを三回振ると一つの八卦が出ます。 昨日までと違って、今日はもう三回サイコロを振るということをし…

続きを読む