2018年11月30日

指が聴診器 !?

施術に見えたことのある方は、瑠璃が必ず、三陰交、労宮、そして首や肩、顔に頭…と、順に指で触れていくことをご存知です。
何をしているのかというと、指先に伝わってくる皆さんの体の中の気の流れや滞りを診ているのです。
診るだけでなく、同時に気を流したり、入れたりもしています。

この段階で、もう、ベッドに横になっている方の状態は把握できますし、その方の気を動かし始めることもできています。
後は全く指を触れることもなく、気を入れ、良くない気を出してあげることに専念すれば体調は戻ってきます。

気を入れたり、良くない気を出してあげる時も、瑠璃の指は大活躍します。
指先は絶えず動いていますし、手の平で、皆さんの気の流れを感じたり、心の動きをも感じたりしているのです。
触れているときは聴診器。触れないで施術しているときは、まるでアンテナ状態です。


この季節、肝臓強化をしておかないと困っちゃう…なんて方が増えてます。
早くも忘年会シーズンに突入のようですから。

でもね、どうぞほどほどに。
いくら肝臓が強くても、連日の飲酒や暴飲暴食は体に無理を強いてしまいます。
後悔先に立たずって言いますけど、疲れ切ったり、体調崩したりしてからでは、良くなるのに時間もお金もかかってしまいます。
無理は禁物。でも、楽しさに負けるのも事の道理。困ったものです。

もう今年もカレンダー、残すところたったの1枚となってしまいました。
良き年を迎えられるよう、くれぐれも無理をなさらずに。
飲酒だけでなく、お仕事もね。







posted by 瑠璃 at 08:12| Comment(0) | 気功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください