2018年09月23日

気功師としての初心に帰る

気功師を主人公にした小説を読んだ。

「ねぇ、ここ、なおして」  大岡 玲さん  講談社

私の気功のやり方とは全く違うけど、面白かった。
そして、自分が気功師になっていった頃を懐かしく思い出すこともできた。

気功師になるって、なってしまった今では当たり前のようになってしまっているけど、結構いろいろあったな~と、思い出させてくれた。
原点回帰ですね。
最近、気持ちは易占いに強く惹かれていってしまっていたので、初心に戻るいい機会を与えてくれた本になった。

三陰交と労宮に触れるところから瑠璃の気功施術は始まるわけだけれど、この2か所で、この方への施術の中心になるのは何かが朧気ながらわかる。 肩から首にかけて触っていけば、確実にどうやっていけばいいかが見えてくる。

指を触れていくときは、ここに触れてっとツボが呼ぶ。もうちょっとこっち、と、ツボが寄ってくる。
それは当たり前にやっているけど、考えて見れば確かに不思議な感覚。
遠隔になると当然触れることはできないわけで、それでも、こっちこっちと導かれて行く感覚がある。

一番大事にしていることは、気を入れることではなく、本人の中にある出たがってる気を出してあげること。
入れることは意識してするものではなく、当然自然にやるべきこと。
入れた気で固まっていた内臓が温かく緩んできたり、流れが滞っていた経絡に、気がスムースに流れるようになったら、後は本人の気がどんどん自分で流れるように仕向けてあげて、良くない気を自らが外に出せるようにしてあげる。
とにかく、瑠璃がやるのではなく、本人の気がやる。そこまで行くのが一番大事。

でも、ご本人はひたすら至福の時を味わっていればいい。 気持ちよく寝てしまえる至福の時。
決して身もだえする、なんてことにはならない。
まれにものすごく芯から震えてしまうような冷たくて辛い気を感じる人もいる。
これは、瑠璃が震えるほど寒くなるのではなく、ご本人が実際に寒いっと、感じてしまうこと。
これは、一種の低温療法のような状態に体がなるから。こういう反応は体が急激に変わろうとするのに少しの抵抗と、驚きがあるからのようです。
身体はあまり急に変化するより、緩やかに変化する方がいい。 何事も無理は禁物。


と、こう書いてくると、本の感想より、自分の気功の説明になってしまった。
でも、自分を振り返らせてくれるくらい、この本は良かったということになりますね。










posted by 瑠璃 at 08:43| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください