2018年09月19日

言霊ってご存知ですよね

始めてフェニックス気功院にいらしたとき、「青木ヶ原の樹海に行きたい」という言葉を真っ先に口にされた方がいます。
もう70代の方です。

出てくる言葉は、自分を否定するか人のせいにするか…ばかり。
悪い星のもとに生まれた。相性の悪い人と一緒になった。玄関の方角が悪いと言われた…等々、出るは出るは。

悪い星のもとに生まれたのに大病することもなくこの年まで元気でいる。
相性の悪い人と一緒になったのに、お互い元気に50年近くも一緒にいる。
玄関の方角なんて、彼女で見るのではなく、ご主人ので見るわけだし、本当に方角が悪くて立派なビルを建てて住めているなんて…ありえないでしょ。

お姑さんたちで苦労した…。時代ですもの、さもありなん。
兄弟で苦労した…。みんな自分のことばっかりだもの。これもさにありなん。

でも、無事に通り越してきているじゃないですか。
しかも、ご主人もお子さんも元気。息子さんのお仕事も順調。幸せな家庭を築いています。

心が塞がると、幸せって見えなくなっちゃうんですね。
もったいない。

施術を続けているうちに、鉄の球が入っているようだった胸のつかえが取れてきました。
すると出てくる言葉は「膝が痛い」。

ここまでくればもう大丈夫。
普通のおばさまたちの悩みと同じになりました。

ご主人の気に入らない点もどんどん口にのぼるようになって、心の奥底に秘めていた本当のストレスの元を吐き出しています。
顔色も良くなって、口角も上がるようになりました。泣き顔とのサヨナラです。

ただ、この方、ちょっぴり元気じゃない方が好きなんですよね。
自分はダメだ、体調も悪い。人間関係もうまくいくはずがない…と、常に口に出す傾向があります。
あ~、もったいない。

言葉は口に出すと、本当になってしまいます。
だって言葉には力があるんですもの。それが言霊。

でも、ネガティブ状態が好きなんだからしょうがないか。
死にたいと思わなくなっただけ、良しとしましょうか。











posted by 瑠璃 at 08:35| Comment(0) | 気功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください