全てはこの二つの卦から

「☷・坤・地」が究極の陰でお母さん、とは、先日書きました。
そして、究極の陽は「☰・乾・天」です。当然、お父さんということになります。
力強くて、まっすぐで、頼りになる。そんなイメージです。
ちょっとえばるのが玉に瑕。 つまり、傲り高ぶりが、せっかくのいい卦を台無しにするということです。
この卦が出たときは、そんなことに注意して一日を過ごすと、最高の日になるのでは。

全ての八卦はこの二つから始まっています。
お父さんとお母さんから子供たちが生まれます。
まず最初に生まれたのがお兄さん。「☳・震・雷」です。元気に動き回ります。
お姉さんも生まれました。「☴・巽・風」です。たおやかで、どんな人にも気持ちを合わせることができます。
次男は「☵・坎・水」。自由気ままに大海に向かって流れます。
次女は「☲・離・火」。明るくて気まま。どこにでもくっつき、どこにでも飛んでいきます。
三男は「☶・艮・山」。自由に動き回る上の兄さんたちを見て育った三男は逆に、どっしり落ち着いています。
そして末っ子の三女「☱・兌・沢」はまだ少女。お父さんは彼女が可愛くて仕方ないようです。この子はいつもニコニコ、とってもおしゃべりで、いつも、みんなを楽しませてくれます。

八卦のイメージがつかみやすくなったでしょうか…。

今日もサイコロ振って、ご自分の運勢、楽しんでくださいな!!


この記事へのコメント