2018年07月09日

吉にするも凶にするもあなた次第

易占いは八卦が基本です。
八卦がどう組み合わさるかで、あなたの問いに対する応えが出てくるのです。

以前、とても楽しいことがありました。
ある方がサイコロを振ってみたら6が2回続いたというのです。
凄いですよね~、6が2回も続いたんですよ~と、その方は満面の笑みでおっしゃいました。
幸せをいっぱい感じられるのはとても素晴らしいこと。
6は一番大きな数字。それが続いて出たら、確かに嬉しくなる。
これはこれでいいのです。大切なのは幸せを感じ取れる心ですから。

でも、易占いからすると、ちょっと残念。もう1回振ると先も見えたのに…。

6は偶数。陰ですね。陰、陰と続いたのですから、次に陰が出るか、陽が出るかで、意味は全く違ったものになります。
陰(偶数)が出たら「☷・坤・地」です。穏やかに過ごせそう。
陽(奇数)が出たら「☶・艮・山」となります。ストップ!! 動くな!! ということです。

これを吉ととらえるか、凶ととらえるかで気持ちの持ちようはずいぶん違って来ます。
本当はどちらも吉でも凶でもないのですが…。
「坤・地」はうっかり出しゃばってしまうと大変なことになるよと、先日書きました。
「艮・山」は動かなければいいだけ。
でも、人というものは何かにつけ、わかっていても反対の事をしてしまうもの。
こういう卦の出るときはきっと、動きたくなるようなこと、人に先んじたくなるようなことが起こるということなのでしょう。
吉にするか凶にするかはあなた次第ということになりますね。

そして、この八卦を二つ組み合わせると、もっと具体的なことがわかってくるのが易占い。
先ずは八卦の意味のとらえ方を楽しみましょう。













posted by 瑠璃 at 10:16| Comment(0) | 易占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください