サイコロを使ってます

易占いをするときは、本当は筮竹という竹の棒を50本も使用して、何回も陽と陰を出していき、出来上がった一つの卦を読むというものです。
心に念じることをしっかりと持ち続け、かなり長い時間を集中していなければなりません。

私も最初は頑張って、この方法をマスターしましたが、集中力を持続するのは本当に大変。
ですので、今は略噬法を取り入れています。つまり簡単に卦を出す方法を使用しているということです。

略噬法にはいろいろなものがあります。
多くの方が行っているのはコインを使う方法。そして、このサイコロを使う方法です。
フェニックス気功院で実際に皆様に瑠璃が易占いをするときは、このサイコロを使う方法でやっています。

サイコロにもいろいろあって、普通の四角い1~6までの数字のサイコロを、毎日このブログに書いているように、3回振る方法。
そして、ハ面体のサイコロと言って、1から8までの数字の書いてある物もあります。これは八卦を出すのに1回振ればいいだけです。
1は天、2は沢、3は火、4は雷、5は風、6は水、7は山、8が地となります。


瑠璃が時々、急に友人の悩みを聞いたりしたときにやる方法は、手元にサイコロがないわけですから、彼女の頭の中に浮かんだ1~8までの数字を言ってもらって占う方法。

実際の易占は八卦を二つ出しますから、2回思いついた数字を言ってもらいます。
そして、今の状態だけでなく、これからを知るために、今度は1から6までの数字の一つを思いつきで言ってもらいます。
すると、面白いように彼女の悩みに対する答えが返ってきます。


フェニックス気功院では八面体のサイコロを使用しています。数字が書いてある物と、漢字の書いてある物の二通りを用意してあります。
漢字は、あの八卦「乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤」です。
お好みでどちらかを使っていただきます。
つまり、瑠璃の易占いは、瑠璃がサイコロを振るのではなく、ご自分で振っていただくということです。

集中して1回で易に応えてもらいたいので、八面体のサイコロは2個、そして普通のサイコロも同時に振ってもらいます。
ここからは、もう皆さんとの泣き笑いの時間が始まります。
今日の易占い開始の日を待たず、もうすでに早々といらしてくださった方たちの、気功施術を終えて帰られる時と同じ、あの笑顔が易占いでも見られることに、瑠璃は感動している毎日です。










この記事へのコメント