先ずは陰と陽から

易は陰と陽の組み合わせ。
サイコロを振って、1、3、5が出たら、つまり奇数が出たら、これは陽となります。
そして、2,4,6が出たら、つまり偶数が出たら、陰となります。

陽は横棒を一本書きます。
陰は真ん中が割れている横棒を書きます。

例えば最初にサイコロを振ったら3が出たとします。もう一度サイコロを振ったら6が出たとします。
最後にもう一回サイコロを振ると2と出たとします。つまり、サイコロを3回振りました。

書く時は下から書くという決まりがありますので、下から奇数(陽)、真ん中が偶数(陰)、一番上が偶数(陰)となります。
これを易のマークで書くと、「☳」となります。

このマークを八卦と言い、八つのマークがあり、それぞれに名前がついています。

「☳」は震、そして雷とも言います。

震という字を見たら、または雷という字を見たら、どんなイメージがわきますか?

揺れてるような、ゴロゴロと空の上で音が鳴っているような…。
自分まで揺れてるくらい強く感じますか? なんだか遠くで鳴ってるような、かすかな響きのような…。

様々な感じ方があることでしょう。
それでいいのです。先ずは字を見て、感じるということが大事です。

明日からは他の八卦を少しづつ紹介していきましょう。





この記事へのコメント