2018年11月20日

お久しぶりです

怒涛の日々がやっと、落ち着きを取り戻し始めました。
10月半ばからつい先日まで、本当にシッチャカメッチャカの日々が続き、どうなるかと思ったけど、ちゃんと終息の時は来るもんですね~。

穏やかな気の流れる時を取り戻せてホッとしています。
ということで、昨夜、久しぶりに自分自身の今後を占ってみました。

出た卦は「水沢節」の二爻。

節は節度の節、節制の節です。
確かに今回の慌ただしさは、お金の動きの慌ただしさでもありました。
必死というのはまさにこの時を言うというくらい必死でした。
でも乗り越えた!! 私は偉い!!と、自分で自分をほめたいくらい頑張りました。

でも、頑張りはここまで。限度があるよ。これからは節度を持ってやっていこう…と、易は言っているようです。

水は適度に流れ、沢を潤します。
でも、流れ過ぎると沢は決壊し、少なすぎれば干上がってしまいます。
何事もほどほどに。適量に。 それが「水沢節」です。

そして二爻。
これは「凶」です。なぜかというと、中に籠って外に出ようとしない、出る時なのに外に目を向けず、行動を起こそうとしない。ゆえに「凶」であるということです。
このままのんびりしていてはダメ、外に目を向けなさいと言っています。
今が「凶」なのではなく、目を外に向けない、行動しようとしない、その姿勢が「凶」を引き寄せると言うことです。

私にとっては、プライベートの大変さはひと段落したのだから、しっかり仕事しなさいよ、やるべきことはいっぱいあるでしょ!! ということになりそうです。

この大変さの中でも、日本橋までちゃんと行っていたし、遠隔も毎晩頑張ったけど、もっともっとやれるはずと言われているようです。
しかも、外に出ろ…ということは、新しい動きも出てくるということでしょう。
どんな状況になっても受け止め、乗り越える。
そんな心づもりで今日からの日々を過ごしていくことにします。





posted by 瑠璃 at 08:48| Comment(0) | 易占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする