2018年10月17日

辛い卦が出たとき

ある方が、ちょっと窮地に陥っちゃたんだけど、何とかならないかな~とのご相談を受けました。

早速サイコロを振ると「天山遯」の三爻と出ました。
「遯」は「逃げろ」「逃げるべき時」という意味です。

その問題からはさっさと遠ざかれという卦です。
でも問題は三爻。

逃げるべき時なのに、様々な要因が足を引っ張り逃れられないとなります。
彼女の状況はまさにこれ。
まるで病にかかったように、しばらくは何もできないと出ています。

しかも伏卦を見ると「天地否」となり、これは「大行き小来たる」という意味もあります。
つまり、お金も出ていく可能性が大だということです。

今は運気が下がってるんだな~とは彼女の弁。
この状態を受け止める覚悟ができたようです。

あとは、この状態を憎まず、何気ない顔で、でもしっかり受け止めて対処していく。
これぞ「天山遯」の三爻が教えてくれている、今の状況を最小限の傷で乗り切るためのコツです。

逃げられないときは逃げない。
下手にイライラしたり余計なことをしたりすると、もっと傷は大きくなってしまいます。
病が癒えるのを待つように、やるべきことだけやって、時が過ぎるのを待つ。


辛い卦が出たときは出た時で、それも素直に受け止める。
それが易占いを利用するときの心得となるようです。









posted by 瑠璃 at 09:02| Comment(0) | 易占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする