2018年10月12日

読書は仕事への活力になる

今週はなかなか時間が取れないので、火曜日は朝から図書館へ。
先週借りた6冊の本が全部読み終わってしまったので、なんとしても次を借りてこなくては…と、ちょっと焦り気味。
本がない毎日は嫌なんですよね~。

今日の1冊は新米お医者様のお話。
お医者様って大変なんだな~、こんなお医者様、いっぱいいたらいいのに、この本を書かれた頃と、今の現状とはちゃんと変わることができてるんだろうか…、きっと、もっともっとひどい状況なんだろうな~と、楽しみながらもいろいろ考えさせられる本だった。

でも、作家さん自身が目指す、明るくて軽くて楽しい本にしっかりなってる。大変な内容を織り込んでいるのも関わらず。
読後感は最高です。

「振り返るな ドクター」  川淵圭一さん  幻冬舎文庫



しかし朝からの図書館通いは時々するけど、なかなかにキツイ。
第一、6冊の本をリュックに詰めて日本橋まで行くのは、結構な重労働。
そういう日に限って施術も押せ押せ。
夜までしっかり予定が入ったりする。

不思議なんですけど、図書館行った日って、必ずと言っていいほど、横浜駅あたりで連絡が入ったりして、早く帰れる予定がひっくり返る。
本ばっかり読んでないで仕事しろって事なんですかね~。
でも、本いっぱい読むと、確実に仕事がますます楽しくなる。頑張れるようになる。

これからも、どんどん読み続けていきたいと思いま~す。










posted by 瑠璃 at 08:56| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする