2018年07月05日

占う時は一発勝負

同じことを何度も占わない。これは易占いの大前提。

易占いは易経という、難しい本をもとにしています。
その中に山水蒙という卦がありますが、蒙というのは漠としている、モヤっとしているという意味です。
つまり、はっきり良くはわからないという状況にあなたは今いますよという卦。
だからと言って、同じことを何度も占ってはいけない。それを再筮と言いますが、易経には再噬はダメだとこの卦の中ではっきりと言っています。
占えば占うほど、結果はあなたの気持ちとは離れて行き、ますます迷うことになる。
易はあなたを翻弄するのです。

モヤっとしていて、はっきりわからないということ自体が、あなたへのきちんとした答えなのです。

この卦が出たときに、本当はご自分の心の中では、そうだろうな~という気持ちがあるはずなのですが、人というのは、吉か凶かはっきり言ってもらいたい。右か左か、はっきり示してもらいたい。自分の迷いをもっとはっきりした言葉で言ってほしいという願望があるのです。
でも、今ははっきり言う時ではない。あなたのこれからの動き如何に全てがかかっているのですよと易は言いたいのです。
自分を見つめなおし、何をどうしたいのか、自分自身の意思をしっかり持つことの重要性を易は教えてくれています。

易占いは心を映す鏡でもあります。
今のあなたの状態をはっきり教えてくれますし、未来もビックリするほど教えてくれます。
モヤっとしているからと言って、この先どうしたらいいかを教えてくれないわけではありません。
そこを読み解いていくのが瑠璃の役目でもあります。

易占いは一発勝負。
自分の希望の卦が出ないからと、何度も占ってはダメ。
そこはしっかりと覚えていてくださいね。







posted by 瑠璃 at 09:49| Comment(0) | 易占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする