2018年06月30日

今日のあなたの運勢は

八卦で今日の、あなただけの、運勢を見てみましょう。

サイコロがまだ手元になかったら、コインでも大丈夫。
10円玉でも100円玉でもいいので、1枚用意して、数字の書いてある方を陽と決め、絵柄のある方を陰と決めます。
サイコロだったら、1,3,5が陽、2,4,6が陰です。

ペンとメモ用紙も用意して、3回振りましょう。
書き方は下から上に。これは絶対間違えちゃダメ。

先ず1回目は、偶数が出たとして、陰のマークを書きます。コインの場合は絵柄の方だったら陰のマークを書きます。
2回目に振ったら奇数だった。コインは数字だった。これは陽ですね。  
では、さっき書いた陰のマークの上に陽のマークを書きましょう。
最後にもう1回振ります。
今度も奇数、または数字が出たとします。
ということは、これは陽ですね。 既に記したものの一番上に陽のマークを書き加えます。
すると「☴」になります。 「巽」「風」となりました。

今日のあなたの運勢はこの卦のイメージから、どんな日か感じてみてください。

風はどこにでも入っていける、というのが最初のポイント。
誰とでもうまくやれる…というふうに見ることができます。
もしお友達と会うなら、いい感じの時を過ごせそうな気がしませんか?
でも、風は吹かれるままの方がいいのです。 
自己主張しすぎないよう、皆に合わせてみるというのが、うまくいくことの秘訣のようです。


易占いはとても複雑なものです。
でも、こんな簡単な方法でも、あなたの今日を見ることはできるのです。
同じ星を持ったたくさんの人や、同じ血液型を持ったたくさんの人と同じ運勢ではない、あなただけの今日の運勢。

先ずはイメージ力を鍛えましょう。
人に言われた運勢をうのみにするのではなく、自分の運勢を自分で読み解く。
そんなあなたになれるよう、イメージの膨らませ方をどんどん書いていきますので、お楽しみに。










posted by 瑠璃 at 09:07| Comment(0) | 易占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

八卦の読み方

八卦は独特の字を使っていますので、読み方もわからないものが多いかも。
1つ1つ、マークと字を見ていきましょう。

先ずは「☰」 これは陽が三つ重なっています。 
「乾」と言い、「けん」と読みます。「天」とも言い、「てん」と読みます。
次は「☱」 陽が二つの上に陰が一つ。
「兌」と言い、「だ」と読みます。「沢」とも言い、「たく」と読みます。
次は「☲」 陽と陽の真ん中に陰が一つあります。
「離」と言い、「り」と読みます。「火」とも言い、「か」と読みます。
次は「☳」 陽の上に二つの陰が乗っています。
「震」と言い、「しん」と読みます。「雷」とも言い、「らい」と読みます。 
次は「☴」 陰の上に陽が二つ乗っています。
「巽」と言い、「そん」と読みます。「風」とも言い、「ふう」と読みます。
次は「☵」 陰と陰の真ん中に陽が一つあります。
「坎」と言い、「かん」と読みます。「水」とも言い、「すい」と読みます。
次は「☶」 陰二つの上に陽が一つ乗っています。
「艮」と言い、「ごん」と読みます。「山」とも言い、「さん」と読みます。
最後は「☷」 陰が三つ重なっています。
「坤」と言い、「こん」と読みます。「地」とも言い、「ち」と読みます。


それぞれの卦に二つの言い方があり、難しい言い方の方は、その卦の性質や効能など、大きな意味を含有しています。
なんとなくわかる言葉の方は、目に見える、あるいは感じることのできる自然の万物が象徴されています。


八卦というくらいですから、一つ一つを見ていくのも大変。
先ずはご自分が振ってみたサイコロの卦を当てはめてみてください。

そして、上の字から様々なことをイメージしてみましょう。


















posted by 瑠璃 at 09:26| Comment(0) | 易占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする